教育方針

方針

教育方針イメージ

 

就学中の障がい児に対して、生活能力の向上のための訓練を継続的に提供することにより、学校教育と相まって障がい児の自立を促進するとともに、放課後等の居場所を提供します。

障がいの特性や生活の実態に応じて、児童の自立の促進、生活の質の向上、集団生活に適応することができるよう適切な支援を行います。また保護者の意向などを考慮し、個別の支援計画を立て、一定期間・もしくは必要な時期ごとにその支援が適当であるか検討・見直しを行います。

子供のみならずご家族のレスパイトとしてご利用いただくとともに、随時専門職による健康相談、子育て相談など、親御様の精神的なサポートも行っていきます。

(※レスパイトケアとは乳幼児、障がい者、高齢者などを在宅でケアしている家族の精神的疲労を軽減するため、一時的に代替を行うサービスのことを言います)


目標

目標イメージ

 

1.子供たちが安心して過ごせる居場所の提供

2.一人一人の学力や特性に応じた学習内容や創作活動の選定

3.四季折々のイベント、野外活動、社会見学などの外出プログラムを通じ、公共の場所でのルールやマナーを習得

4.お誕生日会、クリスマス会など、毎月楽しいイベントをご用意しています

5.看護師による体調管理と健康相談

6.ケアマネジャーと社会福祉士がご家族様のお悩み事、不安などご相談にのりますので、気兼ねなくお声かけください

7.お子様の適切な環境づくりのために、学校や地域に働きかけ連携していきます

 

年間行事予定

主な年間行事

1月 初詣、鏡開き
2月 節分(豆まき)
3月 ひなまつり
4月 お花見、遠足
5月 こどもの日、母の日
6月 お店屋さん、父の日
7月 たなばた、プール開き
8月 夏祭り、野外活動等
9月 お月見、敬老の日
10月 ハロウィーン、ハイキング
11月 収穫祭
12月 クリスマス、お正月の準備

1週間のカリキュラム

週間療育プログラム

アナログゲーム
製  作
PC・リトミック
長期製作
紙芝居、読み聞かせ
AM:運動療法
PM:お出かけ or イベント

 

◆くれよんクラブでは ≪学習支援≫ ≪体力強化≫ ≪社会適応訓練≫ を中心に子どもたちそれぞれの課題に合わせた個別支援を行います。

◆製作では一人一人に合った課題を用意し、ゆっくりと着実に取り組むことで「できる」「わかる」喜びを増やしていきます。

◆土曜日の午前中は体力強化のため運動中心のプログラムを、午後はお出かけ・イベントなどを通し公共の場でルールを守ることを学びます。

※ 子どもの支援内容やその日のテーマに合わせてカリキュラムを変更することがあります。